給与所得の源泉徴収票及び所得税の青色申告決算書(一般用)に関する次の(1)~(4)の記述のうち、その内容が適切なものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

(1) 源泉徴収票には、「支払金額」を記載する欄があり、支払金額とは、その年において支払の確定した給与等から所得税額及び住民税額を控除した金額をいう。
(2) 源泉徴収票には、「控除対象扶養親族の数」を記載する欄があり、控除対象扶養親族の数とは、配偶者を含む親族であって納税者と生計を一にしている者の数をいう。
(3) 青色申告決算書(一般用)の損益計算書には、「所得金額」を記載する欄があり、所得金額とは、その年の収入金額であって売上原価及び諸経費を差し引く前の金額をいう。
(4) 青色申告決算書(一般用)には、「月別売上(収入)金額及び仕入金額」を記載する欄があり、1月から12月までの月別の売上(収入)金額及び仕入金額、1年分の家事消費等及び雑収入を適切に記入するとともに、それらを合計して1年間の売上(収入)金額及び仕入金額のそれぞれの合計額を記入するものとされている。
解答と解説