会社計算規則に規定する貸借対照表等(注)に関する次の(1)~(4)の記述のうち、その内容が適切なものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

(1) 固定資産に係る項目は、有形固定資産、無形固定資産及び投資その他の資産に区分しなければならない。
(2) 前受金(受注工事、受注品等に対する前受金をいう。)は、流動資産に属するものとされている。
(3) 前払費用であって、1年内に費用となるべきものは、流動負債に属するものとされている。
(4) 株式会社の貸借対照表における純資産の部は、株主資本、自己株式及び社債に区分しなければならない。
(注) 貸借対照表等とは、貸借対照表及び連結貸借対照表をいう。
解答と解説