貸金業務取扱主任者資格試験の過去問を解説。無料で利用でき、試験対策や学習の理解に効果的な問題集サイトです。
貸金業務取扱主任者試験問題
  • HOME »
  • 貸金業務取扱主任者試験問題 »
  • 破産法

タグ : 破産法

第8回・問題42(平成25年)

倒産処理手続に関する次の(1)~(4)の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。 (1) 破産法によれば、債権者が破産手続開始の申立てをするときは、その有する債権の存在及び破 …

第9回・問題41(平成26年)

破産に関する次の(1)~(4)の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。 (1) 破産手続開始の決定がされた後であっても、破産管財人は、裁判所の許可を得て、破産者の事業を継続 …

第10回・問題41(平成27年)

倒産処理手続に関する次の(1)~(4)の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。 (1) 民事再生法上、債権者は、債務者が事業の継続に著しい支障を来すことなく弁済期にある債務 …

第11回・問題41(平成28年)

破産法に関する次の(1)~(4)の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。 (1) 債権者が破産手続開始の申立てをするときは、その有する債権の存在及び破産手続開始の原因となる …




PAGETOP